軽量化

世界的に、自動車の軽量化への取り組みが増加しており、これにより排気ガス削減となる燃費の向上が見込まれます。 自動車のシャシーや本体に使用される材料は、鋼材が主流でした。自動車産業の鉄鋼需要を維持するため、新世代の高強度ハイテン材(AHSS)が開発・生産されています。

自動車メーカーも現在、アルミメーカーと協力して、自動車の生産に使用されるアルミニウムの割合を増やしています。アルミは、低密度、優れた成形性、耐食性、高強度を有しています。

課題

電気自動車

電気自動車(EV)は、排気物の削減、または全く排気をカットできます。しかし消費者向け自動車として受け入れられるためには、バッテリーパックの実質的な重量の軽量化をさらに推進する必要があります。

100数キロのバッテリーが車両に固定されている場合、さらなる安全上の考慮事項が必要になります。事故によってバッテリーパックが損傷した場合、危険な熱暴走を引き起こす可能性があります。これらの危険な現象を最低限に抑えるために、電子自動車メーカーは、重量を最小限に抑え、かつバッテリーモジュールを含めた構造において安全性を確保しなければなりません。このため成形性を維持しつつ、より強度のある金属材料が要求されます。塑性ひずみ比(r-値)とひずみ硬化指数(n-値)はこれらの製品の成形性を規定する重要な機械的特性です。

インストロンのソリューション

AutoXBiax

引張試験の際、これらの成形性特性はBluehill® Universal ソフトウェアを用いて自動的に測定することができます。n-値、軸方向ひずみを決定するためには、降伏後に測定し、ひずみ値またはその間で決定する必要があります。 一般的に多く使用されている従来の接触式伸び計は、試験片の破断前に除去するように設計されており、全トラベルの測定が制限される可能性があります。 高性能ビデオ伸び計(AVE 2)AutoXBiaxなどの最先端技術を使用すると、最高精度の結果を得ることができ、試験全体を通してひずみを測定できます。r-値を決定するには、従来では伸び計を追加して、横ひずみも測定する必要がありました。



自動車のソリューションの詳細を表示する

お問合せフォーム