セパレータフィルム試験

バッテリーのアノードとカソードの間の膜をセパレーターと呼びます。これらのフィルムは、製造プロセスから極端な気候環境に至るまで、過酷な条件に耐えることができなければなりません。

課題

電気自動車用電池

リチウムイオンまたはその他液体電解質バッテリーの重要な部分であるセパレーターは、一般的には、ポリマー製フィルムであり、バッテリーの組立中の巻線作業に耐えるのに十分な機械的強度を備えている必要があります。サプライヤーは重要な機械的特性である引張強度、伸び、および耐突き刺し性を管理する必要があります。

インストロンのソリューション

AVE2

ASTM D882は、ポリマーセパレータに適した薄いプラスチック膜の引張試験規格です。インストロンでは、ASTM D882に準拠したさまざまな試験ソリューションを提供しています。試験機に優れた精度と試験処理能力を必要とする試験室や、よりシンプルで、手頃なソリューションを必要とする試験室向けに多彩な製品ラインナップからご提案いたします。詳細については、インストロンのASTM D882 攻略ガイドを参照してください。突き刺し試験について、ASTM F1306は、直径3.2mmの接触子を固定された試験片に打ち込んだときの材料特性を測定する可撓性バリアフィルムの突き刺し試験の概要を示しています。インストロンのS1-14110治具は、ASTM F1306に記載されている推奨治具仕様に準拠しています。



自動車のソリューションの詳細を表示する

お問合せフォーム