金属試験アプリケーション


金属試験

インストロンが世界中で信頼されている理由

インストロンは、75年以上も前から、世界の主要メーカーや教育、科学、研究機関に試験システムを提供しています。インストロンは長年にわたって金属メーカーと提携し、各社のニーズを満たすシステムを設計してきました。当社のエンジニアは、関連するすべてのASTM委員会とISO委員会に参加して規格を推進し、インストロンのすべてのシステム、ソフトウェア、伸び計、アクセサリーが規格に適合していることを確認しています。インストロンの試験システムは数十年にもわたって使えるよう設計されているので、インストロン製品を購入することでお客様の投資が将来にわたって業界の規格に対応できることが保証されます。







推奨アクセサリー
金属試験の要求に応えるために







インストロンのソリューション

インストロンでは、金属メーカーのニーズに応えるため、あらゆる万能試験システムを用意しています。電気機械式の68TM-50卓上型システムは、最大50 kN(~11,250 lbf)までの試験用で、電気機械式の5980シリーズ床置型システムは最大600 kN(~135,000 lbf)までの試験用、油圧式のIndustrialシリーズシステムは300 kN(~67,500 lbf)から2,000 kN(~450,000 lbf)までの試験用です。これらのシステムには、それぞれASTMおよびISO規格に準じて金属試験を実施するために必要なアクセサリーが用意されています。これらのアクセサリーには、恒温槽、荷重/応力用ロードセル、ひずみ用伸び計、試験片の形状に応じた幅広い種類の引張グリップなどがあります。


5980シリーズ万能材料試験機


よりスマートな試験
1) 信頼できる装置
産業に適した堅牢なシステム
2) 1台の装置ですべての製品を試験します
ロードセル容量の1/1000までの精度を誇る最高クラスのロードセル
3) 信頼性の高い結果
優れたコントローラー技術により、シンプルで信頼性の高いひずみ制御を実現
4) シンプルな操作
金属試験メソッドの包括的なライブラリを含む、タッチ操作可能なBluehill® Universalソフトウェア
5) トレーサブルな結果
Bluehill Universalトレーサビリティ機能は、お客様の試験メソッドに信頼性をもたらします
6) 以下のあらゆる温度で試験可能
-150°C~+1200°Cの標準的なソリューション
7) あらゆる種類および形状の試験片をグリップ
すべての金属アプリケーションに適した、幅広いグリップ技術

 








金属試験用引張グリップ
引張グリップ
用途に適したグリップを知る

インストロンの幅広いグリップ技術では、細いワイヤーから鉄筋、金属薄板から大型プレートまで、あらゆる形状の金属試験片の試験が可能です。インストロンのグリップは、それぞれの用途と予算に応じたメリットがあります。

グリップを表示する








ひずみ制御
試験システム間の再現性を向上する

2009年に、ISO 6892-1は、ISO 6892と広く使われているEN10002-1:2001規格を置き換え、統合しました。特に注目すべきなのは、ひずみ速度に基づく試験(A法)が導入されたことです。この変更点をより明確にするために、ISO 6892-1:2016ではA法の要件が更新され、A1法(クローズトループひずみ速度制御)とA2法(クロスヘッド変位速度)の2つの明確に定義されたアプローチが含まれます。ひずみ制御のメリットとしては、装置ごとに再現性の高い、比較可能な結果が得られること、試験あたりの時間を短縮できること、セットアップがシンプルなこと、そしてオペレーターのトレーニングが軽減されることなどがあります。








伸び計
ひずみ測定
アプリケーションに最適な伸び計の選択

材料において正確なひずみ測定が必要とされるため、伸び計は金属試験の重要な部分を担っています。インストロンは、金属試験用に特別に設計された接触および非接触伸び計を製造し校正も行います。

伸び計の比較







r値とn値
試験結果の精度を向上させるには

金属薄板製品の開発においては、成形性を維持しながら強度を高められるように尽力しています。塑性ひずみ比(r値)とひずみ硬化指数(n値)は、これらの材料の成形性を定める重要な機械的特性です。

詳細情報
AverEdge32







AT6ロボット自動試験システム


自動化
高容量試験の効率性の向上

インストロンは、世界最大の金属メーカーだけでなく、金属生産に携わる新興企業の大半に、数百台の自動試験システムを導入してきました。AT6自動試験システムは、耐久性、精度、一貫性、安全、処理能力で知られています。当社の経験豊富な自動化システムエンジニアで構成される専門チームは、コンセプトの作成、施設への導入、設備承認に至るまで、お客様と連携し行います。








標準装備の試験メソッド
一般的なASTM、ISO、EN規格向け

Bluehill® Universal金属モジュールには、さまざまなシステムや試験室において試験をシンプルに、かつ一貫的に実施するための30種類もの金属試験規格が含まれています。モジュールに含まれる試験メソッドには、ASTM A370、A615、E8、E21、E646、E517、ISO 6892-1、ISO 6892-2、ISO 10113、ISO 10275などがあります。

Bluehill Universalソフトウェアの金属の試験メソッドテンプレート






推奨システム
最も一般的な金属試験を行う







高容量万能材料試験機
引張、圧縮、曲げ
万能材料試験機

インストロンの万能試験機では、ASTM、ISO、JISなどの業界規格に準じて、金属材料や製品の引張、圧縮、曲げ、剥離、引裂きなどの機械的試験を行うことができます。





ElectroPuls試験機
疲労と破壊
油圧サーボおよび電気駆動式試験システム

金属材料やコンポーネントの動的試験には、1 kNから5,000 kN(200 lbsから1,000,000 lbs)までの荷重容量範囲の油圧サーボシステムや電気駆動式システムが使用されます。





MPX振子式衝撃試験機
衝撃
振子式衝撃試験機

新しいBluehill Impactソフトウェアを搭載したインストロンMPX電動振子式衝撃試験機は、シャルピー規格やアイゾット規格に準じた金属衝撃試験に適したシステムです。MPXは、300~900ジュールの容量があり、効率的で簡単に操作できるため、大量の試験に適しています。








インストロンサービスマップ


信頼のサービス
グローバルなサービスアプローチ | 各地域で提供

インストロンは、世界最大級の工業メーカーであるITWの一員であり、世界各地でサービスおよびサポートチームがお客様の資産であるご購入後の製品を保護できるよう支援しています。インストロンはお客様が最高の効率性で業務を遂行できるようサポートするため、世界各地に250人以上のサービススタッフを配し、テクニカルサポート、トレーニング、システムの設置、装置の修理やアップグレード、校正や検証サービスの提供、そしてお客様の装置がグローバルな試験規格に準じているかどうかの確認を行っています。






金属の材料試験の専門家に質問する

試験システムのカタログ

INDUSTRIAL シリーズ ダウンロード