圧縮盤

静的材料試験機、 動的および疲労試験機用

2501 シリーズ圧縮盤

圧縮盤は様々な材料や部品の圧縮試験のための治具です。万能材料試験機に取り付けることで、圧縮弾性率、圧縮長さ、圧縮耐力を測定する様々な試験をすることが可能です。


見積もりを依頼する







2501 シリーズ 静的試験用
50 N - 600 kN の荷重容量


2501 シリーズ圧縮盤

動作原理

簡単に取り付けができる、 2501シリーズの圧縮盤は精密に作られた圧縮盤により、試験中に適切に荷重を試験片に伝えることができます。この圧縮盤は表面硬さHRC58~60でできており、様々な試験片に荷重をかけることができます。


適用範囲

負荷タイプ: 静的圧縮試験、圧縮の繰り返し試験
試験片の素材: 発泡剤、プラスチック、金属 、alloys, パッケージ、木材、複合材、セラミック等の材料
試験片の形状: 直方体、円柱、立方体、 部品

仕様を見る



カタログ番号 2501-163

カタログ番号 2501-117


カタログ番号 2501-083
カタログ番号 2501-162

 


特徴

2501シリーズ圧縮盤の特徴

1

サイズと荷重容量

直径50㎜と150㎜の圧縮盤が標準です。 2501 シリーズの圧縮盤は 直径 25 mm – 300 mm 、耐荷重 50 N – 600 kNまでのラインアップがあります。
 


2

同心円リング

直径150㎜から300㎜の圧縮盤には、レーザーで刻み込まれた同心円リングがあります。この同心円リングにより試験片を圧縮盤の中心に置きやすくなります。
 

 

3

LVDTのマウント

圧縮盤にはオプションの変位計を取り付ける場所があります。圧縮盤にはオプションの変位計を取り付ける場所があります。2枚の同じサイズの圧縮盤を使い、2枚の圧縮盤の距離を計ることができます。
 


4

ロックナット機構

バックラッシュを無くし、簡単に手締めができる機構となっております。
 
 

 
 
 


その他のモデル
自動軸心調整機構 | 高荷重 | 疲労


自動軸心調整機構/ 球座


自動軸心調整機構/ 球座
静的材料試験ならびに動的疲労試験機のアプリケーション用

試験片に合わせて圧縮盤が動くことにより、試験片の上下面が平行でない試験片でも圧縮試験ができます。


詳細




W-2004-D圧縮盤


W-2004シリーズ(高荷重の静的試験用)
600 kN - 5000 kN 荷重容量

インストロン製の静的材料試験機やその他の静的試験機に簡単に使用できる高剛性の汎用性のある圧縮盤


仕様を見る






Foam Compression Fixture
Catalog no. 2810-130

The foam compression fixture is designed for indentation and compression testing of expanded cellular materials. Standards that require this style of fixture include ASTM D3574, ASTM D5672, ISO 2439 and ISO 3386. The major items of the fixture include a perforated loading table and a circular indentor/ anvil. The 203 mm diameter upper anvil incorporates a swivel joint. The base table is perforated with 6.5 mm holes spaced on 20 mm centers and is elevated from the mounting surface to allow for rapid air escape from the specimen.


View Specifications




2840 シリーズ圧縮盤


2840 シリーズ(動的試験用)
200 kN - 2000 kN 静的荷重容量 | 100 kN - 1000 kN 動的荷重容量

2840 シリーズ 圧縮盤と LVDTを使用して、ハイサイクルの圧縮疲労試験を行うことが可能です。


仕様を見る




圧縮 治具用アダプターセット


圧縮 治具用アダプターセット
耐荷重 690kNまでの圧縮盤

接続ネジサイズや圧縮盤のサイズ、他のオプションもございます。


仕様を見る




お問合せ

その他のアクセサリーも見る
アクセサリーカタログ

カタログを見る