高精度油圧式くさび型グリップ

金属および複合材料の静的/動的試験用


高精度油圧式くさび型グリップ


高精度油圧式くさび型グリップは、静的と動的材料試験アプリケーションどちらにも使用できる汎用型グリップです。動的試験では最大500kN、静的試験では最大600kNまで使用可能です。金属および複合材料の試験において平板や丸棒試験片の両方に対応し、交換可能なグリップフェースにより、適用される試験荷重に影響を受けずに試験片に対し一定の把持力を維持することができます。適切な油圧源がある限り、グリップによってこの制御された把持力は維持されます。


見積もり依頼





動作原理

それぞれのグリップは、独立して機能し、グリップの開閉の両方に対し外部油圧源より油圧を供給します。把持圧をかけた場合、把持過程で試験片に発生する荷重を防止するため、試験片/フェースの相対垂直位置は変わりません。グリップフェースが試験片に接すると、油圧によってグリップヘッドに垂直荷重が発生します。試験片の厚さの変化を自動的に補正する設計のため、グリップ荷重は一定に保たれます。

アプリケーション範囲

  • 適応試験:静的または動的、両振り応力
  • 試験片材料:金属、複合材料、 プラスチック
  • 試験片形状:適切なオプションフェースを使用した丸棒および平板状


カタログ番号 2743-401

カタログ番号 2742-501


仕様
カタログ番号 静的荷重容量 動的荷重容量 温度範囲  
2742-301 ±30 kN ±30 kN 4℃ ~65℃ さらに詳しくは
2743-401 ±130 kN ±100 kN 4℃ ~65℃ さらに詳しくは
2742-501 ±312 kN ±250 kN 4℃ ~65℃ さらに詳しくは
2742-601 ±600 kN ±500 kN 4℃ ~65℃ さらに詳しくは
 
 

インストロンへお問合せ