油圧源

油圧サーボ試験システムのパーフェクトパートナー

Instron®の3520シリーズによって、最高の効率と低環境負荷であらゆる試験の要求事項および現場の条件を満たす油圧源(HPU)を構成することができます。これらは、高圧力でさまざまな吐出流量の油圧オイルを提供するために使用され、インストロンのすべての油圧サーボ動的および疲労試験システムと互換性があります。3520シリーズには、210バールまたは280バール、27~118L/分(7.1~31.2 GPM)の吐出流量を生成する様々なモデルがあります。



HPUファミリー




3520シリーズの油圧源

油圧源


利点

低騒音レベル: 騒音レベルを58 dB(A) ~ 63 dB(A)*にする騒音減衰システム。

低い運転コストと電力コスト:
圧力補償可変流量ポンプ構成により、試験フローの要求に応じて運転コストを維持できます。高効率のクラス1モーターを組み合わせることで、電力コストを最小限に抑えることができます。

*dB(A)は、人間の耳の通常の周波数応答に合うように決められた、音圧レベル(単位デシベル、dB)の測定値です。これは自由境界(オープン)条件で表されるため、読み取り値は設置された環境内で異なる場合があります。

特徴
インストロンの3520シリーズ油圧源(HPU)には、他の商用ユニットにはない標準機能の組み合わせが含まれています。


ゲージアイコン  完全に調整可能な圧力供給
3520シリーズの油圧源は、HPUと試験ステーション間の長い配管作業での圧力損失を補償するために、公称全圧より10%高いレベルで動作するように設計されています。

油吸収アイコン  クリーンオイル
インストロンはサーボ制御油圧システムの性能と寿命に不可欠な清浄度のオイルを使って、すべてのHPUに2ミクロンの圧力ラインろ過を標準装備として提供しています。これは他のメーカーとは異なる機能です。


オプションアイコン  広範囲の吐出流量
すべてのシングルおよびマルチステーションの試験構成に合わせて広範囲の吐出流量を使用できます。

ストップウォッチアイコン  より長いオイル交換間隔
オイルタンクの容量と吐出流量の比率が高いため、オイル交換間隔が長くなり、システムのダウンタイムが短縮されます。





プログラマブルロジックコントローラー
すべてのモデルに装備されているプログラマブルロジックコントローラー(PLC)は、最適なシステム制御と油圧源のステータスフィードバック、および幅広いシステムインターロック(オイルレベル、オイル温度、フィルター状態、モーター温度など)を提供します。

すべての3520シリーズ油圧源は、便利な位置にオペレーターインターフェイスパネルが配置された完全統合プログラマブルロジックコントローラー(PLC)を備えています。PLCは、次のようなHPUの高度な回路と併用される強力な制御機能を提供します。

英数字インジケータ
油圧源のステータス、吐出圧力、オイルの温度を英数字で示します。

自動ローカル/リモート機能
8800が切断されると、制御はローカル操作に戻ります。

拡張サービス機能
拡張サービス機能にはフラッシングモードとオフライン冷却モードが含まれます。

調整可能な温度および圧力制限
地域の状況に合わせて温度と圧力の制限を調整します。


プログラマブルロジックコントローラー




低環境負荷機能


エネルギー吸収アイコン

最小限の電力消費
クラス1の高効率モーターは、92~95%の効率(通常)で動作し、電力消費を最小限に抑えます。

オイルなしアイコン

クリーンな操作
漏洩のほぼない面シール継手はクリーンな操作を保証します。

手洗いアイコン

最小限の水消費
サーモスタット制御の水流弁と組み合わせた水/油プレート熱交換器により、水の消費量を最小限に抑えます。

環境アイコン

低環境負荷サービス
オイルリザーバーの外側に主要な保守可能コンポーネントがあるため、主要コンポーネントを交換するときにこぼれるリスクや、クリーニングする必要がほとんどありません。これにより、サービスの時間とコストも削減されます。





油圧源(HPU)の追加オプション
3520シリーズ油圧源(HPU)にはそれぞれ、現場固有の条件を満たすために複数のオプションを工場で装備させることができます。

騒音減衰システム
研究室環境を考慮して設計された3520シリーズHPUは、試験機の近くに配置できます。インストロンは、コンポーネントと材料を慎重に選択することにより、オプションの騒音減衰パッケージを提供できます。

選択するモデルに応じて58~63 dB(A)*の低い騒音レベルに抑えるインストロンの最新の騒音低減技術は、国際的にサポートされたリークフリー保証と組合せることにより、多くの場合特別にポンプ室を設ける必要がなく、油圧源を柔軟に配置できます。騒音減衰システムは、非常に低い騒音仕様を実現し、メンテナンスも簡単です。



Hydraulic Power Units (HPUs) Additional Options
空冷
空冷が好ましくない場所では、設備にリモート式エアブラスト冷却ユニットが利用できます。この冷却ユニットは、+37° C (+99° F)までの周囲空気温度に対して設計されていて、3520シリーズのHPUの全機種に適合します。

圧力アキュムレータ
プラダ型アキュムレータはポンプから脈動を平滑し、急激に変化するリングメインの乱流を最小化します。

*dB(A)は、人間の耳の通常の周波数応答に合うように決められた、音圧レベル(単位デシベル、dB)の測定値です。これは自由境界(オープン)条件で表されるため、読み取り値は設置された環境内で異なる場合があります。

 



お問合せ

油圧源3520シリーズ

Hydraulic Power Units 3520 POD Thumbnail ダウンロード