ASTM D4018 Standard Test Methods for Properties of Continuous Filament Carbon and Graphite Fiber Tows

ASTM D4018 composite tow tensile testing

ASTM D4018 is a test method that covers the preparation and tensile testing of resin-impregnated and consolidated test specimens made from continuous filament carbon and graphite yarns, rovings, and tows to determine their tensile properties. It also cover the determination of the density and mass per unit length of the yarn, roving, or tow to provide supplementary data for tensile property calculation.

The test methods determined by ASTM D4018 are intended for the testing of fibers that have been specifically developed for use as reinforcing agents in advanced composite structures. Fiber tows are used along with resin to create composite materials which will ultimately be used for aerospace, automotive, and industrial applications.

Materials Testing System

For testing to ASTM D4018 we recommend a low force table model system such as Instron's 6800 Series. Pneumatic side-action grips allow for repeatable gripping pressure and easy specimen insertion. For strain measurement, an automatic video extensometer such as Instron's AUTOX750 or a non-contacting solution such as the AVE2 are recommended.




ASTM F4018 Test Setup
1) 6800 Series Universal Testing System
2) Bluehill Universal Software
3) 2580 Series Load Cell
4) 2712-045 Pneumatic Side-Action Grips
5) AUTOX750 Automatic Contacting Extensometer

 

ASTM D4018 tensile testing composite tow specimens
Testing Tips and Tricks

Instron’s Specimen Protect feature can help protect these delicate specimens from excess force being applied before the test starts. It allows the test operator to set the threshold value at the maximum absolute force that the specimen can experience without damage. If the force exceeds this value, Specimen Protect initiates movement of the crosshead to relieve the force on the specimen.

Related Content

複合材料試験のカタログ

インストロンの万能型試験機は、複合材料業界で用いられる一般的なタイプの試験を行えるよう設計されています。具体的には、面内引張、厚さ方向引張、層間せん断、端末負荷圧縮、せん断、または複合荷重、および衝撃後圧縮などが含まれます。

6800 シリーズプレミアム試験機のカタログ

インストロン6800シリーズ万能試験機は、他に類のない精度と信頼性を提供します。特許申請中のオペレーター保護機能に基づき、最新のスマートクローズエアキットおよび衝突緩和機能を搭載した6800シリーズは、材料試験をかつてないほどシンプルに、スマートに、安全にします。

3400シリーズ – お手頃な試験ソリューション

引張、圧縮、曲げ、およびその他の材料特性を試験する、インストロン3400シリーズ万能試験機。

Bluehill Universalの

Bluehill Universalソフトウェアは、タッチ操作と直感的なユーザー体験のために構築されています。あらかじめ備わっている試験メソッド、すぐに試験が開始できるQuickTest、強化されたデータ出力機能、そしてサービスとの直接通信を提供する新機能Instron Connectなど、よりシンプルでスマートな試験をご体感ください。 Bluehill 2やBluehill 3などの旧バージョンソフトは、簡単に最新バージョンのBluehillにアップグレードできます。

2712-04Xシリーズ空気圧式グリップ

空気圧式グリップは、広範囲の材料に対応する多用途なグリップ機能を提供します。容量は1~10 kNです。

自動接触式伸び計 - AutoX 750

AutoX 750は、高分解能を備えた長伸度の自動接触式伸び計です。電気機械式3300、3400、5500、5900、または6800卓上型および床置き型システムのほか、LX、DX、HDX、およびKPX静的油圧式試験システムに取り付け可能です。プラスチック、金属、医療製品、複合材料、エラストマーなどのアプリケーションに対応します。AutoXは、最大750 mmの移動量と±1μmの精度を備えています。

AVE 2非接触式ビデオ伸び計

高精度ビデオ伸び計(AVE 2)は、特許取得済みの測定テクノロジーを搭載した、高速かつ正確な非接触ひずみ測定装置です。