ISO 14801 Fatigue Testing of Pre-Angled Endosseous
Dental Implants in a Fluid Bath

The challenge

Pre-Angled dental implants are designed to help dental surgeons make the best use of the existing bone or to remove the need for bone grafting to occur, while providing a secure restorative platform.

The latest revision of the ISO 14801 standard for fatigue testing specifies a method for testing of these pre-angled dental implants in a laboratory situation. The standard requires the implant to be aligned so that the angle of loading is 10° greater than between the implant axis and the axis of the angled portion of the connecting part.



ElectroPuls E1000

ISO 14801

ElectroPuls E3000


Related Content

歯科インプラントISO 14801

ISO 14801「歯科インプラント –骨内歯科インプラントの動的疲労試験」では、歯科インプラントの疲労試験の手順が定められています。歯科インプラントはさまざまなメーカーによって設計されており、口腔内のどの部分に移植されるかによってサイズと形状が異なります。ISO 14801は、さまざまなインプラント設計および形状を比較できるよう、インプラントの体外試験の基準を確立することを目的としています。口腔内に埋め込まれたインプラントがさらされる、複雑な条件を複製するには遠く及びません。インストロンの最新設計による歯科インプラントシステムは、ISO 14801のすべての要件を満たすターンキーソリューションであり、ElectroPuls® E1000またはE3000試験機が最適です。

ElectroPuls®のカタログ

ElectroPuls試験機は、材料およびコンポーネントの動的試験および静的試験に使用する最先端の電磁駆動式疲労試験機です。単相の主電源装置だけで作動するこれらのシステムは、最新の試験技術に加え、その他の便利な機能を数多く搭載しています。