JEDEC JESD22B113

Written by Fulin Liu and Charlie Pryor

THE CHALLENGEBoard Level mechanical tests are an essential quality control test within the microelectronics packaging industry. They provide testing data to support IC components' performance against interconnect failures during shipment and in end-use products where cyclic stresses and shock from impact are experienced.

The JEDEC JESD22B113 test method is used to evaluate and compare surface mounted electronic components' performance in an accelerated test environment for handheld electronic products applications. This is done by using a specified 4-point cyclic bending test method.


OUR SOLUTION

The standard recommends a specimen design similar in size and layout to a drop Impact test. It specifies the spans and the cyclic amplitude, frequency, and waveform for performing this test. Interconnection failure is determined based on resistance daisy chains, typically five times the initial resistance or 1000ohms, whichever is higher. The challenge of the JEDEC JESD22B113 test that an operator must have the test system continuously generate the flexural loading based on a specified cyclic waveform on the printed wiring board (PWB) via the 4-point bend to long-time fatigue – up to 200,000 cycles at 1-3Hz frequency without lateral specimen shifting.




Instron® ElectroPuls® systems E1000, E3000, and E3000NB are the ideal test machines for micro-electronic fatigue testing. E1000, E3000, and E3000NB material testing instruments use patented linear motor technology, offer slow-speed static and high-frequency fatigue testing. It includes Instron advanced digital control electronics, Dynacell load cell, Console software, and the very latest in testing technology – hassle-free tuning based on specimen stiffness. WaveMatrix2 Dynamic Testing Software allows users to quickly and easily construct a wide range of dynamic (waveforms) and quasi-static test methods using minimal steps within a simple matrix structure.

The JEDEC B113 test fixtures CP111414 and CP118691 are specially designed in accordance with the JEDEC JESD22B113 method for performing long-time cyclic 4-point flexural fatigue tests. Easy setup of removable specimen stops is to prevent undesired drifting of the specimen during the cyclic test. As a displacement-controlled test, the fixtures are designed to allow for up to 4 PWB specimens to be tested simultaneously in one setup, which saves time.


JEDEC B113 Fixture
JEDEC B113 Fixture
CP116238 Lower Anvils & CP116241, CP116238 upper Fixture & CP116240 upper pull rod
RELATED CONTENT

ElectroPuls®のカタログ

ElectroPuls試験機は、材料およびコンポーネントの動的試験および静的試験に使用する最先端の電磁駆動式疲労試験機です。単相の主電源装置だけで作動するこれらのシステムは、最新の試験技術に加え、その他の便利な機能を数多く搭載しています。

Dynacell疲労試験用ロードセル

2527シリーズロードセルは、動的試験システムとともに使用するよう設計されています。読み値の0.5%の精度で荷重容量の1/250の荷重を測定する能力といった優れた性能を提供します。トランスデューサの自動認識と自動校正により、使いやすくなっています。これらのロードセルは、荷重容量の150%までの荷重に耐えても損傷することがなく、300%までの荷重に耐えても機械的故障を起こしません。インストロンのロードセルはすべて個別に温度補償がされており、国際試験規格に対してトレーサブルな校正器による精度と再現性の試験が行われるので、測定の不確かさはロードセルの許容誤差の1/3以下になっています。

WaveMatrix2のカタログ

WaveMatrix2は、材料とコンポーネントの疲労試験および動的試験用に設計されたスマートなソフトウェアです。周期波形から複雑な多軸マルチステップ試験まで、あらゆる試験を1つのシンプルな静的ランプから実行できる柔軟性を提供します。テーブル形式の画面、明確なメニュー構造、時間ベースのマトリックス試験プレビュー、構成可能なライブ試験ワークスペースを統合した非常にビジュアルな環境は、直感的で、しかも安定性が得られるように設計されています。データ整理、組み込みのプロジェクト編成など、スマートな各種機能を搭載し、試験を簡素化するよう設計されています。

マイクロエレクトロニクスJEDEC B113試験治具

JEDEC JESD22B113試験メソッドは、ハンドヘルド型の電子機器のアプリケーションで、指定の4点繰り返し曲げ試験メソッドを1~3Hz周波数で使用することにより、加速された試験環境下で表面実装の電子コンポーネントを評価・比較することを目的とします。